木造プレカットや耐震について

注文住宅において、基礎部分が出来上がると、いよいよ家の骨組みの部分が建てられていくことになります。その際にプレカット工法と呼ばれる、現場での加工ではなく、加工場ですでに加工をし、現場ではそれを組みたてるだけで簡単にできる工法がスピーディで、材料にも無駄がない、狭いスペースでも仕事がしやすいなどのメリットがあり、こうした工法が取り入れられています。

プレカット工法により、そうしたメリットがあるのは確かですが、一方で腕の良い職人からすると、やや単純で、精度がいまひとつの場合があること、また木の個性を生かすことができないなど、ややデメリットもあるのも確かです。とはいえプレカットにより、注文住宅の工事がとても早く進むこと、廃材が出ないことで、コストの削減や工事で出るゴミを減らせる、また品質の点でも安定したものが出せるといったメリットが多く、注文住宅ではこの工法が好まれています。

また日本は地震大国なので耐震設計にすることも重視されています。建築基準に沿って建てるだけでも、地震に耐えるだけのある程度の強度はあるのですが、さらに耐震を意識する工法を取り入れることが可能です。それは耐震に優れたコンクリートの壁を増やしていくことや、壁を増やすことによってです。またスリットを設けることで地震の揺れを分散させるなど、その他にも対策の方法があります。こうした要素を取り入れることで、耐震住宅となっていきます。

火災の被害に遭うことはないでしょうか。日本は火災が多いです。防火としての設計も可能であればすることで、より安全な家づくりができます。防火構造は、外壁と軒裏に防火性の高い材料を用いることで、主に隣接した集合住宅に家を建てる場合に、家事が起きると、簡単に隣に火が燃え移ってしまう、延焼を防ぐ働きがあります。

そして注文住宅というと、やはり庭を忘れるわけにはいきません。家の美しさを引き立たせる庭は、ある程度のスペースを取りたいですし、ペットを飼育することを考えているのであればなおさらでしょう。バーベキューのスペースや子供が遊べるような庭があると、注文住宅の魅力が増していきます。

このように注文住宅には、いろいろな要素が関係してきます。プレカット工法による節約、災害に強い耐震設計や防火、そして美しい庭づくり、考えることがいっぱいありますが、これらすべてに真剣に取り組むときに、家づくりは素晴らしい完成を見ることになります。