お金、間取り、屋根や断熱材にこだわって建築

わたくしのマイホームは、注文建築で新築しました。その経験を書かさせていただきます。まず実際に経験者として、あの時に戻れたらどうしていたのだろう?また、再び注文建築で住居を新築するならどうするだろ?という観点で書かさせていただきます。

まずは、住宅購入やマイホーム購入を検討することから始まると思いますが、家族が描く未来、将来の生活を家族、みんなで考えたいと思います。徹底的に家族の将来像を家族で話し合って決めたいと思います。その上で、物件の立地や間取り、設備など、具体的な希望を家族で出し合って、話し合いたいと思います。それぞれの考えや希望など、十分に把握して、希望の住居のイメージを持ちたいと思います。もちろんお金がなければ何も実現しませんからお金の計算、予算の決定もしなければなりません。お金が無尽蔵に有れば別ですが、、、

そして、建て直しでなければ、物件探し、選定から始まると思います。立地に関する希望を再度確認して、物件を探したいと思います。自分の場合は、比較的早く希望に近い立地の物件と出会えましたが、いま思えば、焦らずにもっと時間をかけて物件を探せばよかったとも思ったりもします。妥協も必要ですが、現実的ではない希望ではないなら、安易な妥協はせずに納得するまで物件を探したほうが良いと思います。

物件が決まれば、いよいよ住宅の建築ですが、まず、注文建築を発注する先が住宅メーカーであろうと工務店だろうと、よく検討した方が良いと思います。住宅展示場などで見学して、いろいろ観てみた方が良いとおもいます。間取りを決めるにせよ、設備を決めるにせよ、参考になると思います。また永く住む住居ですし、一生に一度の大きな買い物かもしれません。構造や建築の工法まで調べたり、住宅メーカーや工務店に徹底的に聞いて決めたいと思います。見落としがちですが断熱材なども確認した方がいいです。屋根裏なども断熱材がしっかり入っているか確認しましょう。たかが断熱材ではありません。

やはり見落としがちなのが屋根。屋根も重要ですすし、居住後はなかなか手が出せない部分です。しっかり確認しましょう。

注文建築の発注先が決まれば、具体的なマイホームの設計となると思います。家族で話し合って決めた将来を含めたライフスタイルにベストマッチする間取りを、具体的に図面に落とし込んでもらいましょう。そして必要な設備の設置を忘れずに!マイホームが完成してからではコンセントひとつ追加するのも工事が必要となります。時間も費用もかかります。何度も何度も確認しましょう!そして家族の理想のマイホームを手に入れてください!